月払い保険料と総支払額保険料・保険が安い?

保険が安い?月払い保険料と総支払額保険料

保険が安い?月払い保険料と総支払額保険料について

 

安い保険を探して入りたいと言った場合に、多くの人が始めに気にするのが、毎月支払うことになる月払い保険料ではないかと思います。実際に、保険料がいくらかと聞いた場合に答えられる保険料が1ケ月の保険料なので、1ケ月の保険料で考えるのが当たり前になっているようにも感じます。

 

しかし、保険料という点で、違った視点で見た場合に、保険料の総支払額という見方も出来ます。総支払額とは、あなたがその保険に一生涯でどれだけの金額を支払うのかと言った点です。これは費用対効果で考えた場合、保険に支払った保険料の総額が少なく、受け取れる金額が大きい方が得です。

 

 

月にどれくらいの保険料を支払うのかと言った事よりも、総支払額保険料で考えた方が結果的に安い保険であるのかどうかを判断しやすい場合もあります。特に、満期保険金や解約返戻金などの貯蓄性のある保険の場合には、費用対効果を考えるのが大切だと思います。

 

いくら毎月の保険料が安い保険としても、最後に戻ってくる金額が少ないと無駄が多くなります。しかし、多少、保険料が高かったとしても満期保険金や解約返戻金が支払った総額の保険料よりも多いと得した気分になります。

 

 

このように保険料が安い保険を考える時には、毎月の支払う保険料のみではなく、保険料の支払い総額でも保険料を考えた方が、本当の意味で安い保険を見つけることが出来ますので、参考にしてもらえればと思います。

 

 

 

 


メニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ