安い保険は将来を考える必要性がある

安い保険は将来を考えないと危険かも?

将来の保険料を考えると本当に安い保険が分かる

 

保険が安いという場合には、多くの人が今時点の保険料を見て判断する人が多いようです。もちろん、現段階の保険料が安いのか高いのかをチェックし判断するのは大切です。しかし、本当の意味での安い保険を見つけたい場合には、将来の保険料をチェックしておく必要があります。

 

これは終身保険のように、保険料が一生変わらないような保険に加入する場合には、特に意味の無い事です。しかし、保険料が安い保険を見つけたいと思っていた人で、更新型の定期保険を選択した人の場合には、注意が必要です。

 

 

終身保険は一生涯、保険料が変わらない分、更新型の定期保険よりも保険料が高くなる傾向にあります。更新型の定期保険は、5年や10年などの、ある程度の期間がたつと保険を更新するタイプの生命保険です。

 

この更新型の定期保険の場合は、更新を行うたびに保険料が高くなります。これは、年齢が高い人の方が病気になる確率や死亡する確率が上がるから保険料が高くなると言うことです。

 

 

もしも、現状の保険料のみを重視するあまり、保険の事を知らない為に更新型の定期保険に加入していた場合には、一番、保険が必要となる70代や80代になった時に非常に高額な保険料になるので注意が必要です。

 

このように、保険料の安い保険という意味で考えた場合には、現状のみではなく、将来の保険料についても考えて保険を選ぶ必要があります。

 

 

 


メニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ